日本光研島根株式会社(事務 生産管理)

私の場合、ちょっと変則的な入社でした。浜田商業高校から島根大学へ進学。その後、わけあって中退。今とは異なる業種の会社で働いていました。

そんなある日、日本光研島根で働いている友人と会う機会がありました。会社の社風や給料のことなどを聞かされました。社員を大切にする企業姿勢、合成真珠顔料という他に類を見ない独自性のある仕事、そして世界一の生産工場をめざすという夢の話など、すごい魅力を感じました。

まだ若いですから将来のことを一度考えて、この会社に転職することにしました。

生産現場を経て、現在はシステム部門へ

入社したての頃は焼成チームに配属され、工場で現場経験をしました。焼成とは、合成真珠の原料の含水率を調整し乾燥させる工程ですが、品質を左右するとても大切な部門です。だから常に改善提案が必要で、それがまた楽しかった。

現在は事務部門で生産システムの導入を担当しています。高校時代にパソコンによる情報処理を学んでいたので、上司から声がけしていただいたのです。具体的には、合成真珠顔料といっても使用目的が多様なので、それぞれ工程が異なります。そのため生産システムは常に改善が求められます。ものすごく、やりがいがありますよ。

達成感がある、目標がある、仲間がいる

うちの会社は、常に技術・品質・世界を見ています。だから、髪型や服装も大事ですが、最も重要視しているのが社員ひとり一人の能力、そして仕事の成果や将来性です。仕事ぶりをきちんと評価してもらえるので、ますますやる気がでます。

外注がなく、商品の生産はすべて自社管理なので、自分が作っているという手ごたえや達成感があります。社風も友人から聞いていた通り、本当に雰囲気が良くて皆が仲間という実感が持てます。仕事でつらいなんて全然ありません。

作っているのが美しい色合いを出す粉だけあって、きれい好きな人が向いているんじゃないですか。もちろんチームプレーですから、仕事への集中力や仲間への気配りも大切です。目標は生産性世界一の工場にすること。そのためにも、若い力が必要です。技術や資格などは会社が手厚く指導してくれます。だから大丈夫、私もなれたのだから。

※ 2020年4月時点の情報です

日本光研島根株式会社(製造)

2019年3月28日

日本光研島根株式会社

2019年3月28日