有限会社小川鉄工所(製缶溶接工、現場作業工)

有限会社小川鉄工所
もともと溶接業務に従事していましたが、転職の際、やはり工業製品のものづくりや修理がしたくて、この会社を選びました。一人でコツコツと続ける仕事が向いているようで、ここでも私一人にまかせてもらえるものがあるのではと思っていました。

溶接作業は、与えられた図面を元にやり方を考え、時には現場の状況を見て自分で判断し、一人で仕上げていく仕事です。丁寧に、正確に、美しい仕上げを目指して、納得のいくものをこだわって作りたいと思っている私には、この仕事は向いていると思います。

有限会社小川鉄工所

技術を磨いてものづくりオタクをめざす

私にステンレスを扱わせれば、社内で一番と言わせたい。そんな思いで、毎日集中してやっています。仕事で大変だと思うことは、効率的な自分の作業スペースの確保です。扱う素材は鉄材、ステン材、アルミ材など。しかも厚い金物、薄い金物に合わせていろいろな道具を使うので、どうしたら機能的に使えるか、工夫がいるかなど考えているところです。

この仕事に向いている人は、プラモデルやラジコンなど、細かい作業ができる人で、ある意味、機械やものづくりのオタクでしょうか。素材を加工して、組み立てて、仕上げていく。その過程の一つ一つを大事にして、自分が仕上げていった時の達成感は、何事にも代えがたい喜びです。当初の目標通りに使える製品ができた時は、ひときわうれしく、ものづくりの醍醐味を感じる瞬間です。

 
有限会社小川鉄工所

新分野にも挑戦できるよう自分を強化させたい

私がこれまで関わってきた他社の仕事に比べ、ここでの仕事内容は実に多様です。 部材も多く単調な仕事ではないので覚えることは沢山ありますが、そこが逆にやりがいになっていると思います。今後の目標は、いま担当している仕事にさらに磨きをかけて、自分でできる仕事をもっと増やして、これまでやったことのない特殊な分野にも挑戦していくことです。

若手から熟練者まで、 うちの会社は世代に幅があり、長く勤めている人もたくさんいます。
若いからこそ力が発揮できる環境でもあります。先輩と気さくに打ちとけ、一緒に楽しく仕事ができるのではないかと思います。

※2017年3月時点の情報です

有限会社小川鉄工所

2017.03.28