岩本ダイス工業株式会社(品質管理課検査員)

岩本ダイス工業株式会社
工業高校の機械科を卒業して、その知識と技術を活かせる工業関係の仕事をしたいと思っていました。

仕事をするなら地元に貢献したいとも思っていたので、県内就職を考えていました。そんな折、企業説明会で岩本ダイスと出会ったんです。

入社のきっかけは、日本でも数少ない特殊な技術を使う工場だと分かったこと。興味を持ちました。いまは、修理が完了したダイスの出荷前の最終検査を担当しています。

岩本ダイス工業株式会社

責任の重さが、成長につながっている

具体的には、顕微鏡で不良の有無の確認や判定をしています。最終検査員として不良の見逃しがあってはお客様に迷惑かけてしまいますからね。

その責任の重大さが、自分の成長につながって、やりがいにもなっています。中国地方唯一の修理加工技術を持つ会社としての自負がありますから。

岩本ダイス工業株式会社

器用さと根気を手に職域を広げたい

検査員の仕事は一日中顕微鏡を覗いているので、1時間に1回は目を休めるために遠くの景色を眺めたりして、目のリフレッシュを心がけています。目薬はかかせないですね。

そんな繊細な仕事なので、手先が器用だったり、根気のある人が向いていると思います。今後は他の現場ももっと知りたいですね。仕事の幅が広がりますし、多能工にもつながると思うから。少しでも興味がある人は、一度、会社を見に来てください。

※2017年3月時点の情報です

岩本ダイス工業株式会社(細物ゲージ)

2017.03.08

岩本ダイス工業株式会社

2017.03.08