富士産業株式会社(済生会江津総合病院事業所 管理栄養士)

富士産業株式会社
江津高校を卒業して、岡山県倉敷市にある作陽大学栄養学科に入学。ここで管理栄養士の資格を取得し、新卒採用で富士産業に入社しました。配属先は済生会江津総合病院事業所で、いまは調理を担当しています。

富士産業では、「管理栄養士もまずは現場を知らなければ献立がつくれない」という考え方を持っていて、入社後2~3年は現場で調理をすることになります。

この道を選んだのは、食べることが好きなこと、進路を考える時に親から「食の関係なら管理栄養士がいいよ!」とアドバイスをもらったこと、自分自身、貧血気味なので栄養面に興味があったことなどですね。そして富士産業を選んだのは、愛着のある地元で働けること、海も好きだし、親のことも気になるし、友達も県外からたくさん戻ってきていたのもありますね。

富士産業株式会社

病院食でもさじ加減で美味しさを。それがやりがい

いまは、下処理やメインのおかずづくりなどの調理、盛り付け、配膳を行っています。小鉢係や果物係もあって、日々変わります。

仕事を通じて感じるやりがいは、患者さんから感謝の手紙をもらえた時。わざわざ膳に手紙をおいてくださる患者さんがおられ、その手紙を読むことが楽しみです。
調理では、難しい料理を作って配膳まで終わったとき、やりがいを感じますね。この場合の「難しい」というのは、病院なので患者さんの状況で調理の形態が変わるということ。調理パターンが増えるので効率化が大事なのと、事故や命に関わるので失敗をしないことが大事なんです。

あと、盛り付けがキレイと先輩から褒められる時や、おいしい味付けができた時がうれしい。管理されている食事なので調味料の分量も制限がありますから、味付けをさじ加減で美味しくできた時は達成感がありますよ。

富士産業株式会社

頑張ったご褒美はリフレッシュ研修

最初は調理があまりうまくなかったわたしでも、仕事を通じて調理の幅が増えました。作業工程を考えながら作れるようになってからは、時間に合わせて効率化も図れて、今ではほぼ一人でできるようになりました。

一方、まわりに同世代がいないので、年代や境遇の近い人がいるといいなあと思います。わたしは管理栄養士なので年齢が上の方にも説明をしないといけない立場ですが、現実はなかなか言えない・・。でも、各地で頑張っている管理栄養士の方が集まるイベントがあったり、同期の仲間と行う研修もあるので、そういったときは気軽に話をするチャンスがあります。

また、リフレッシュ研修として入社4年目は神戸の中華街、5年目は大阪のUSJ、6年目はグアムの休暇研修があります。こういった横のつながりは楽しみです。これから富士産業に入社を考えている人に伝えたいのは、患者さんひとり一人に合わせて丹精込めた料理を作ることが大事なことと、仕事を通じていろんな経験ができることですかね。

※2017年10月時点の情報です

富士産業株式会社

2017.10.12

富士産業株式会社(さくらが丘事業所)

2017.10.12