有限会社桜江町桑茶生産組合

桑葉で全国初の有機JAS 認証を取得

当社は、桑の特産地「島根県江津市桜江町」に本社を開業以来、桑の葉を基に多様な商品を開発。桑葉を用いた商品開発と桑の圃場及び加工場で、全国初の有機JAS 認証を取得。「安全・安心」と他産地との差別化を図っています。

また、旧桜江町産の桑葉特有のフラボノールを発見。抗動脈硬化作用やコレステロール低減作用が実証され、商品の強みとなっています。また、農地を管理することで地域の環境保全や雇用の確保にも寄与しています。

有限会社桜江町桑茶生産組合

農業の6次産業化で販路を世界へ

島根県の中心を流れる一級河川「江の川」は、広大な農地に滋養をもたらし、養蚕業を盛んにしましたが、やがて時代の流れの中で、カイコのエサを生産する桑畑が廃れ、放置されました。

その荒れ地に起こした「遊休桑園の再生」と「雇用の場の創出」を目標にした私たちの活動は、地域経済を活性化し、地域が潤う産業とするため、桑の栽培から加工・販売まで一貫して行う「農業6次産業化」でした。

地域の特性を活かし、地域の技術を活かし、人を活かすことで「美味しさ、安心、そして生きがい」を全国へ、そして世界へと拡大展開しています。

有限会社桜江町桑茶生産組合

多様な興味や仕事経験を生かせる環境が魅力

農業の6次産業化を図る当社には、栽培から加工・販売までさまざまな業務があり、他の業種での経験を活かしたい人やこれから社会人になる人にも、自分に合った仕事がきっとあるはずです。

採用後は、栽培・一次加工・二次加工・販売の経験をしてもらい、その中で、自分にあった業務を見つけて技術を習得し、長期継続して働けるよう支援します。

一緒に働きたいのは「積極的で向上心があり忍耐力がある人」です。一緒に成長し、お客様や社会貢献できる企業を目指し、明るい社会を築きましょう。

有限会社桜江町桑茶生産組合

U・Iターン者から高齢者まで人も仕事も可能性広がる

私たちの職場には、U・Iターン者を中心に雇用の場を多数用意しています。仲間づくりを通じて、地域の定住対策にも貢献しています。
また、地域の高齢者をパート社員として雇用することにより、高齢者の生きがいや健康づくりにも一役買っています。年齢、性別、出身地の多様さで、応募者は増えています。今後目指しているのは、近隣市町等との連携の強化、商品開発力の向上と販路のさらなる拡大です。これを受けて、島根県下一の健康食品産業拠点となるよう、産学官一体となって取り組んでいます。その可能性は、ますます拡大していきます。
事業所名 有限会社桜江町桑茶生産組合
創業年 2000年9月
従業員数 30人 ※2017年3月時点の情報です
連絡先 〒699-4221 島根県江津市桜江町市山507-1
TEL 0855-92-0547 FAX 0855-92-0676

有限会社桜江町桑茶生産組合(栽培生産課長)

2017.03.08